製造業連盟、経済活動制限の緩和を歓迎

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 行動制限令(MCO)により禁じられてきたほとんどの経済活動の再開が5月4日より条件付きで認められたことについて、マレーシア製造業者連盟(FMM)は、タイムリーな決定だとして歓迎の意を表明した。
 ソー・ティエンライ会長は、新たな「条件付きMCO(CMCO)」は、マレーシアの経済を迅速に回復させるために不可欠であると言明。国民の健康を幸福を確保すると同時に、ビジネスや経済、雇用の維持のバランスを取ることを理解してくれたことに感謝すると述べた。またビジネスコミュニティ、製造業者を代表して、最前線で新型コロナウイルス「Covid-19」と闘う医療従事者にも謝意を表明。コロナウイルスの感染者数を減らすためには、雇用主が職場での従業員の安全と幸福を確保する事が不可欠だと述べた。
 その上でソー会長は、操業再開の条件となっている厳しい標準運用手順(SOP)を順守した上で、操業を行うと言明。柔軟な労働方法の導入や社会的距離の維持などを踏まえた上で、事業を継続するための計画を実施するよう会員企業に要請するとした。