94%が職場での新型コロナ対策を希望=調査

【クアラルンプール =マレーシアBIZナビ】 法人向け社員研修サービスのスキルソフトが実施した調査によると、94%のマレーシア人が新型コロナウイルス「Covid-19」の感染拡大を防ぐために実施されている対策を永久的に一つ以上は職場で導入して欲しいと考えており、新型コロナ流行前の労働環境に戻りたくないと考えていることがわかった。調査対象3カ国中で最も回答率が高く、平均の89%を上回った。
新型コロナ流行前の労働環境に戻れたら幸せだとの回答はたった6%だった。31%が職場での健康や安全について懸念していると答えた。また会社において優先し欲しい事項として最も回答率が高かったのは、ワークライフバランスで54%だった。それに雇用の安定性(47%)、革新性(14%)が続いた。
雇用主に対して期待していることとしては▽学びや能力開発の提供(38%)▽出産と育休(34%)▽子供がいる従業員に向けたフレキシブル性(33%)▽男女の格差(31%)ーーが挙がった。
調査は、英国の調査会社ユーガブが7月30日ー8月3日にかけてマレーシアと豪州、シンガポールにおいて実施したもので、マレーシアからは758人が参加した。