雇用者は外国人感染者に隔離施設提供を=人的資源相

【クアラルンプール】 M.サラバナン人的資源相は、外国人労働者に新型コロナウィルス「Covid-19」の陽性反応が出た場合、その雇用主は他の従業員と別にするために隔離所を提供する必要があると言明した。
サラバナン氏は外国人労働者に陽性者が出た場合には直ちに保健省に通知しなければならないとしたうえで、雇用主は医療費を負担しなければならず、また隔離期間中の福祉にも注意を払う必要があると述べた。外国人労働者の雇用者は、他の従業員に対する感染防ぐために2021年1月1日付けで発効した「2020年感染症予防コントロール規則(感染地域内対策)」に基づき外国人労働者に感染検査を行うことが求められている。
サラバナン氏は「新型コロナの累計感染者数が12万5,000人を突破しており、外国人労働者の間の感染拡大を積極的に抑え込む必要がある」と述べた。
(ベルナマ通信、1月8日)