ニッチな人材、年率30%の昇給見込み=ロバートウォルターズ

  1. Home
  2. Knowledge Base
  3. 労務ニュース 2020年05月まで
  4. ニッチな人材、年率30%の昇給見込み=ロバートウォルターズ

グローバル人材に特化した人材紹介会社、ロバート・ウォルターズによると、ニッチな技術を有する人材の給与は、需要が増加傾向にあることから年率30%の昇給が見込まれている。

2020年の給与調査によると、ロバート・ウォルターズは同じポジションを続ける人材には3ー8%、昇給や移動がある人材には15ー20%の昇給が行われると予想している。

2020年は全ての産業において、企業内で主要なポジションを努める人材や、転職者の給与は高くなる予想だ。特に金融、銀行、エンジニアリング、人事(HR)、法務などの分野で、テクノロジーの導入が進められているため、これらの人材の需要が高まっている。またガバナンスや、運用・マネジメントなどのポジションや分析やデジタル化、自動化、ビッグデータ、人工知能、サイバー・セキュリティなどの人材需要も高い状態にある。

調達・物流、会計・財務、エンジニアリングは早期にテクノロジーを導入していたため、大きな変動はない予想だ。

人材が同じ企業で働き続けるには、ワークライフバランス、職場環境、学習機会、報酬などが影響しているという。

(ベルナマ通信、エッジ、11月19日)

Was this article helpful?