不服従を理由に解雇〜原告の訴えは正当化されるか?

  1. Home
  2. Knowledge Base
  3. 判例
  4. 規則・違反行為
  5. 不服従を理由に解雇〜原告の訴えは正当化されるか?

タン・スーピン氏
VS
マルチトーン・エレクトロニクス

判決日: 2000.03.03

概要:

原告タン・スーピン氏 (以下T氏) は工場労働者。マネージャーの指示にもかかわらず、会社の規則に違反し続けたとして解雇された。

T氏の証言によると、家庭 の事情により朝の出社時間が遅れることは、マネージャーから口頭で許可を得ており、 また同様に出社時間に遅れるスタッフにはなんら処置が取られていなかったことを指 摘。会社に指示されていたウィークリー・レポートの提出に関しては、会社の機器が 十分に整っていないために不可能であったとした。

また、会社がT氏に不当な処置を取った主な理由として、既に死去したT氏の先妻が、会社幹部の数人と性的な関係にあったからだと主張。社内の査問委員会を開くこともなく実施されたこの解雇が不当であると訴えた。

判決:

解雇処置は正当

裁定内容:

(1) すべての証拠・証言から、T氏の勤務態度が不良であったことが立証された。先妻と幹部の間にあったとされる性的関係に関しては、本人自身が証言できなかったという状況から判断しても、T氏による作り話である可能性が高い。いずれにしても、T氏 の勤務態度の不良を正当化する理由にはならない。

(2) 会社が2度にわたって警告を与えたにもかかわらず、T氏はその勤務態度を改めようとはしなかった。この場合、社内の査問委員会が開かれなかったことは、会社の怠慢とはみなされない。会社はT氏に対して十分に寛容であり、解雇は正当であった。

Was this article helpful?