今年2,475件の労働裁判案件が解決=人的資源省

  1. Home
  2. Knowledge Base
  3. 労務ニュース 2020年05月まで
  4. 今年2,475件の労働裁判案件が解決=人的資源省

人的資源省は、解雇や労使問題に関する4,430件の未処理案件のうち今年は9月25日時点で2,475件が解決したと明らかにした。

下院議員の質問に対して議会ウェブサイト上で回答したもので、労使裁判所でいまだ係争が続いている案件は1,955件で、うち裁判を控えている案件が1,497件を占め、判決を待っている案件が215件、訴状提出段階が182件、司法審査中の案件が61件——をそれぞれ占めている。

2017年は4,274件の労働案件のうち38.7%に当たる1,655件が解決。2018年は5,771件のうち55.1%に当たる3,181件が解決した。

人的資源省は、連邦裁判所は2019年1月1日から労使裁判所に付託する案件についてオンライン化申請を行う、e-Filingおよびe-Submissionシステムの使用を義務付け、労働案件の管理プロセス迅速化を図ることになっているとした。

(ベルナマ通信)

Was this article helpful?