医療用ゴム手袋、最低賃金引き上げで出荷価格上昇へ

  1. Home
  2. Knowledge Base
  3. 労務ニュース 2020年05月まで
  4. 医療用ゴム手袋、最低賃金引き上げで出荷価格上昇へ

都市部の最低賃金が来年1月、月1,200リンギに引き上げられることから、マレーシア・ゴム手袋製造業者協会(Margma)のデニス・ロウ会長は、原材料調達から梱包、輸送など賃上げはすべての関係分野に及ぶため、医療用ゴム手袋の出荷価格は引き上げざるを得ないと述べた。

引き上げ幅は手袋1,000枚当たり0.45ー0.75米ドルになる見通しだという。ロー氏は、生活費の上昇を考慮すれば最低賃金引き上げはやむを得ないとしている。

ロー氏はまた、事業経費の急速な上昇は競争力に影響するため望ましくないとし、水道、電気料金の引き上げには踏み切らないよう、政府に求めた。

ロー氏は労働力不足の問題も取り上げ、工場生産能力に影響していると述べた。

(ザ・スター、12月20日、ベルナマ通信、12月19日)

Was this article helpful?