外国人の短期就労許可、申請・更新にオンラインシステム

  1. Home
  2. Knowledge Base
  3. 労務ニュース 2020年05月まで
  4. 外国人の短期就労許可、申請・更新にオンラインシステム

内務省は、短期就労の外国人労働者向け就労許可(PLKS)の申請・更新を電子的に処理するシステム「ePLKS@JIM」を来年1月1日から運用すると発表した。雇用者は入国管理事務所のカウンターに出向く必要がなくなる。

ムヒディン・ヤシン内相によると、雇用者にとっては時間の節約になり、手続き代行者に依頼する必要もなくなるため、経費の削減になるという。

ムヒディン氏は、就職口の数を把握している人的資源省に、外国人労働者の雇用に関する行政手続きの所管を内務省から戻すべきとマレーシア汚職摘発委員会(MACC)のラティーファ・コヤ首席コミッショナーが提案した件について、外国人労働者はまず入国審査を経る必要があると述べ、慎重姿勢を示した。入国審査は内務省入管の担当。

(ザ・サン、ベルナマ通信、12月3日)

Was this article helpful?