従業員投資をためらうな、世界銀行エコノミストがアドバイス

  1. Home
  2. Knowledge Base
  3. 労務ニュース 2020年05月まで
  4. 従業員投資をためらうな、世界銀行エコノミストがアドバイス

世界銀行の上級エコノミスト、スミタ・クリアコセ氏は10月30日、ペルモダラン・ナショナル(PNB)コーポレートサミットの基調演説で、社員を他社に引き抜かれるとの恐れから、社員への投資をためらうのは望ましくないとの意見を述べた。

マレーシアは第4次産業革命への準備状況に関し懸念があるが、クリアコセ氏は、産業の転換に対応できる技術を持つ人材の不足が最大の懸念材料だと指摘した。

このため社員に訓練・研修を施す必要があるが、企業が単独で行うのではなく、特定の産業部門の企業が共同で訓練を提供すれば、業界全体のレベルアップになるという。

クリアコセ氏は「研修を施し優秀になった人材を引き抜かれると考えたら何もできない。考え方の転換が必要だ」と述べた。

Was this article helpful?