校長の不正行為をメディアに流した? 〜原告の降格処分は正当か?

  1. Home
  2. Knowledge Base
  3. 判例
  4. 昇格・降格
  5. 校長の不正行為をメディアに流した? 〜原告の降格処分は正当か?

ローズ・ン・ヨクヤン
VS
ペルサトゥアン・ウントゥク・オランオラン・ペカ・セランゴール&ウィラヤ・ペルセクティアン

判決日:2000.12.06

概要:

原告のローズ・ン・ヨクヤン氏 (以下R氏) は学校の校長秘書として勤務していた。

一般の講師に職種の変更を命じられたことなどから、誘導的解雇を訴えた。その背景には、R氏の同僚が校長によって暴行を受けた事件があった。

R氏はこの事件を表沙汰にはしないと校長と約束をしたものの、後日になってメディア等を通じてこの事件は学校に広まった。

R氏はメディアへの関与は否定したものの、事件を調査していた政府 与党委員会に出席したことを認めた。この委員会にはメディアも出席していたという。

学校側はR氏の行為が学校の評判を大きく傷つけるものであったとして、R氏に対する降格処分の正当性を訴えた。

判決:

解雇は正当

裁定内容:

(1) R氏にとって最も重要な責任は、R氏の雇用者である学校校長に対してである。利害の衝突を招く結果となった与党委員会への出席は、雇用者に対する裏切り行為とみなされる。

(2) R氏の取った行為によって学校の評判が落ちるのは明らかである。従って、降格処分は妥当であると判断できる。これを誘導的解雇として訴えることは出来ない。

(3) 降格処分を不服として勤務を拒否したR氏が、結果として解雇されたのは当然である。

Was this article helpful?