研修社員〜ミスを重ねた原告の解雇は正当か?

  1. Home
  2. Knowledge Base
  3. 判例
  4. 勤務成績・態度
  5. 研修社員〜ミスを重ねた原告の解雇は正当か?

K・スマシー・クンジャンボー氏
VS
プライム・グラナット

判決日: 2000.11.30

概要:

原告の K・スマシー・クンジャンボー氏 (以下K氏) は、人事課のアシスタントとして採用されたが、研修期間中に勤務成績不良を理由に突然解雇された。会社の証言によると、K氏はEPF (従業員積立基金)及びSOCSO (被雇用者社会保障機構) の書類作成において数多くのミスを重ね、また休暇届など K 氏自身の申請書類作成も正しく行われていなかった。

これに対してK氏は、EPF及び SOCSO に関する知識は持っておらず、そのことは会社も認知していたはずであったと主張。その他のミスは意図的ではなく、指摘されてからは改善するように努めたと訴えた。

判決:

不当解雇

裁定内容:

(1) EPF及びSOCSO書類の作成は、本来K氏の担当ではなかったにもかかわらず、会社はK氏に十分な指導を与えなかったことが立証されている。また、その他のミスに関しても K氏は改善を努めたことから、K 氏を成績不良と結論付けた会社の対応は不当である。

(2) K氏の勤務成績評価の話し合いが、K 氏の不在中に行われたことから、K 氏には不当な訴えに対して意見する機会が与えられなかった。これも会社による不当な行為である。

(3) 雇用者が被雇用者を成績不良を理由に解雇する場合、事前に警告通知、もしくは話し合いの場を設けるなどの段階を踏まなくてはならない。そのいずれをも行わなかっ た今回の解雇は不当である。

Was this article helpful?