試用期間中の度重なるミス〜解雇は正当か?

  1. Home
  2. Knowledge Base
  3. 判例
  4. 勤務成績・態度
  5. 試用期間中の度重なるミス〜解雇は正当か?

フィダウス・ムサ氏
VS
アズミ&カンパニー

判決日: 2000.09.11

概要:

原告のフィダウス・ムサ氏 (以下F氏) は不動産鑑定士の資格保持者。月額給与5,000リンギで準取締役の研修社員として採用された。会社側の主張によると、F氏は不動産鑑定報告書等の作成において数多くのミスを重ね、またその提出も指定された期限に間に合わないことがたびたびあった。その上、F氏は社内において、他の社員と同調することができなかった。

こうした会社側の指摘に対してF氏は、会社が主張するほど のミスは犯さなかったと主張。たとえミスがあったとしても、会社からその件を指摘されることはなかったと訴えた。

判決:

解雇は正当

裁定内容:

(1) 雇用者は、試用期間中の被雇用者の勤務成績が基準に達していなかった場合、解雇を実施する権利を有する。勤務成績においては、試用期間中の被雇用者は、正式に雇用された社員と同様の権利、地位、特権を持っていない。

(2) 勤務成績の不良を理由に解雇が実施された場合、裁判所は解雇された被雇用者の 勤務成績を綿密に調査し、もし成績不良が立証されたならば十分な警告が与えられたの かどうかを調査し、解雇の正当性を判断しなくてはならない。

(3) 会社は試用期間中の被雇用者に対して、正式な文書による警告を与えることは義 務付けられていない。F氏には十分な警告が文書及び口頭で与えられており、実際に3 度にわたって試用期間が延長されていたことが立証されている。

(4) 特に不動産鑑定といった業種には、正確な仕事が期待されている。会社はF氏の 作成した鑑定報告書に多くのミスがあったことを立証した。

(5) F氏が他の社員と同調できなかったことは、目撃者の証言によって立証されて いる。

Was this article helpful?