3月の失業者数は17.1%増加、61万500人に

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 統計局の発表によると、2020年3月の失業者数は61万500人となり、前年同月比で17.1%、前月比では16.2%それぞれ増加した。
 失業率は3.9%で、前年同月比0.5%、前月比0.6%それぞれ上昇した。新型コロナウイルス「Covid-19」及びそれを抑制するために発令された行動制限令(MCO)の影響で、2010年6月の3.6%を超える水準となった。
 3月の労働力は1,584万2,900人で、前年同月比1.8%のプラス、前月比では0.2%のマイナスとなった。就業者数は1,523万2,400人となり、前年同月比で1.3%増えたが、前月比で0.7%減った。15ー64歳の生産年齢人口のうち、724万人(31.4%)は主婦や学生、退職者などが占めた。
 労働力率(LFPR)は68.6%で、前年同月比で0.1%アップし、前月比で0.1%ダウンした。

Related Articles