雇用法1955年とその関連規則のまとめ

  1. Home
  2. Knowledge Base
  3. 法令
  4. 雇用法1955年とその関連規則のまとめ

雇用法 (Employment Act 1955) とは?

雇用法は西マレーシアにおいて、従業員の最低限の労働基準を定める法律です。 東マレーシア(サバ州およびサラワク州)には独自の労働法が存在します。

本法の対象は(原則) 給与が2,000RM以下の者で、非対象者は会社との雇用契約や就業規則が優先されますが、雇用法を踏まえ、独自の規定を検討する事が一般的な為、雇用法を理解する事は重要かと存じます。

※肉体(単純)労働者や物品や人を運ぶ運転手 等は賃金に関係なく、本法が適用されます。

はじめに

契約解除に関して

賃金の支払いに関して

労働時間及び賃金レートに関して

福利厚生に関して

Was this article helpful?