マレーシアで給与統計データの入手方法

  1. Home
  2. Knowledge Base
  3. 統計
  4. マレーシアで給与統計データの入手方法

人事・労務担当として、ローカルスタッフの給与・賞与等を取り決める際に、信頼できる統計データを参考にしたい方も多いのではないでしょうか。
マレーシアの日系企業むけにどんな情報収集方法があるのかを調べました。

①一般的なデータを入手する場合(無料・英語)

マレーシア統計局から、Salaries & Wages Survey Reportが毎年発行されております。
2018年度版では、調査対象は880万人、1日6時間・月20日以上働き給与の支払いを受けている従業員です。

対象には企業以外も含まれており、職種や役職ごとのデータは開示されていません。

②詳細データを入手する場合(有料・英語)

MEF(Malaysia Employment Federation)から、毎年管理職と非管理職に分けてSalary Surveyが発行されています。
MEFは日本でいう経団連のような団体で、2019年度版ではローカル企業・日系企業を含む外資系企業を併せて252社が調査対象です。
ブレイクダウンは、企業の規模、場所、操業年数、ローカル企業か外資系かなど多岐に渡ります。

購入のためには、サイトで専用オーダーフォームをダウンロードして送付し、銀行振り込みを行います。MEFのメンバーには割引があります。
マレーシア内のローカル企業・外資系企業の情報を細かくブレイクダウンして知りたい方におすすめです。

現在2019年度版が発売されており、弊社では毎週労務データのページ和訳したものを公開しています。
※2019年度版には2020年の予想データが含まれていますが、調査結果はコロナウイルス感染拡大前のものとなります。

労務データのページの内容は記事により会員制となっております。
会員様には閲覧のためのID,Passwordを付与いたします。

弊社のサービスについてはこちら

Was this article helpful?