マレーシア労務FAQ 昇給・定年退職・契約社員

  1. Home
  2. Knowledge Base
  3. FAQ
  4. コロナ禍の労務問題
  5. マレーシア労務FAQ 昇給・定年退職・契約社員
  1. Home
  2. Knowledge Base
  3. 法令
  4. 雇用法1955 Q&A
  5. マレーシア労務FAQ 昇給・定年退職・契約社員

従業員の待遇の見直しをしている企業様からの相談が多く、最近よく頂く質問をまとめました。

[ht_message mstyle=”info” title=”免責事項” show_icon=”true” id=”” class=”” style=”” ]
▲本資料の正確性の確認と採否はお客様の責任と判断で行って下さい。
弊社は本資料に起因して発生した損害・不利益等について、一切責任を負いません。
▲ 本資料を無断で引用・転載することはお控え下さい
[/ht_message]

昇給について

Q:MCOの影響もあり今年度は昇給を見送りたい。法的に問題ないか?

マレーシアの雇用法には昇給についての規定がありません。
昇給は企業が任意で行うため、zero incrementとしても法的には問題ございません。

定年退職について

定年退職後の待遇についてマレーシアでは規定はあるか?

マレーシアの雇用法には定年退職後の雇用についての規定がありません。
定年退職後は再雇用や雇用延長ではなく、別途有期契約を結び直すことが一般的です。

定年退職後は現役時代より減給しても問題ないか?

定年後の契約社員ですので、減給、ポジション変更などの待遇の変更は企業側が選択できます。待遇を変更する場合、定年退職時に契約内容をしっかり説明する必要があります。

契約社員について

契約社員の待遇で注意することは?

基本的には正社員と同様の権利を有します。契約解除の場合正当な理由が必要となり、勤続年数に応じた通知期間を設ける必要があります。
参考記事:
契約社員の期間満了での契約解除、本人への通知は何日前までに必要?

契約更新時、60歳未満の契約と定年後の有期雇用では違いはあるか?

定年退職以降の有期契約で待遇面に変更がある場合、契約更新時に面談をして契約内容を理解してもらう必要があります。
従業員側が契約内容に合意しなければ契約不成立となります。

60歳未満の社員の契約更新の場合、契約更新の方法は2つあります。

  • 1年ごとに契約書を更新していく方法
  • 自動更新を初回の契約書に定め、毎年の契約更新を省略する方法

自動更新の場合、数回契約更新すると、何もなければ次回も更新されると従業員から期待されます。契約解除するには正当な理由が必要となります。

弊社のサービスについて

MCO期間中もオンラインで労務相談に対応しております。

Was this article helpful?