契約社員の期間満了での契約解除、本人への通知は何日前までに必要?

  1. Home
  2. Knowledge Base
  3. 法令
  4. 雇用法1955 Q&A
  5. 契約社員の期間満了での契約解除、本人への通知は何日前までに必要?

相談内容

勤務態度の悪い契約社員を次回の契約終了の1月末で契約解除するため1月15日に本人への通知を行うと訴えられ、補償金を支払うよう要請された。支払わなければならないのか?
通知を何日前までにすれば補償金要請を避けられるのか?

回答

  • 雇用契約書に契約解除の際の通知期間が記載されている場合→契約書の内容に従う
  • 記載がない場合→雇用法が適用され、本件の場合4週間前に通知が必要となる。(勤続年数により通知期間は異なる)

12. Notice of termination of contract
(1) Either party to a contract of service may at any time give to the other party notice of his intention to terminate such contract of service.

(2) The length of such notice shall be the same for both employer and employee and shall be determined by a provision made in writing for such notice in the terms of the contract of service, or, in the absence of such provision in writing, shall not be less than-

(a) four weeks’ notice if the employee has been so employed for less than two years on the date on which the notice is given;

(b) six week’s notice if he has been so employed for two years or more but less than five years on such date;

(c) eight week’s notice if he has been so employed for five years or more on such date:

Provided that this section shall not be taken to prevent either party from waiving his right to a notice under this subsection

1955 Employment Act And Act Relating

この場合、1月末の4週間前をきってから通知をしているため、雇用法に記載のある期間より不足しており、当該人が通知期間の不足分の2週間分の賃金の支払いを要請したと予測される。

補償金を支払わないままでいると労働裁判になる可能性がある。

補償金の請求を避けるためには、雇用法にある期間を守って通知するか、あらかじめ契約書に明記するようにする。

Was this article helpful?